マスク6000枚 寄贈

コロナウイルスの長期化により、鹿児島県内においてもマスク不足が続いており、
福祉関係始め、マスク不足に困っている企業が多数あり、地域貢献の一環として、
加治木金融団(鹿児島銀行・南日本銀行・鹿児島相互信用金庫・鹿児島信用金庫)を通じて
マスク6,000枚を寄贈致しました。

各金融機関4行が1,500枚ずつ取引先企業へ寄贈するものです。

また、寄贈式には、南日本新聞社始め、南九州ケーブルテレビネットの取材もありました。

マスク6,000枚を寄贈式